MeM0

おそらく好きなコンテンツの話か雑記

「発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術」読了

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

仕事/人間関係/生活習慣/依存/生存とカテゴリ分けられており、個人的に印象的だったのが人間関係で、ざっくりまとめると「面倒なことはいっぱいあるけど部族みたいなものだから観察して掟には従ってやっていきましょう」って話。去年幹事になってしまってあらゆるやらかしを網羅したおかげで大分学んだけど、先にこの本読んでおきたかったかもしれない。他人とりあえず褒めていくといいぞってのが、褒めるとは内容よりもタイミングが大事で要するに「音ゲー」であるみたいな文体で書かれてるので個人的に信用できるなって気持ちで読んでた。全体的にインターネット読んでる感じなので、馴染める人はサクッと読める。

 

あと生存の章でとにかく生存が一番大事で「自己肯定するには無根拠に他人の生を肯定しましょう」ってありこれもいいなって思った。他人の上に立つことで自己肯定するとそれが失われたときに自己肯定がなくなってしまう。普通、友人が「自分生きる価値ない」といってたら「そんなことないし、価値がなくても生きてていい」と言うのを利用すればいい。
もう一つそうだよなと思ったのが酒から文化が失われるとただの依存で危ないので、お金がかからないささやかな楽しみを同じ目線で共有できる人とお酒を飲もうという話。自分の話だけど去年これらをVtuberが解決してくれて非常に生きやすかった。正直キャラの誕生日とかにそのキャラの絵が書いたケーキの写真とかアップされてるの引いてたけど、Vだと一緒にごはんが食べれてしまうしとても楽しくてそういうの大事だなーって感じになった。今までごめんなさい。割と配信頻度が高くて自分にしっくり来るVを見つけると多分生きやすくなるのはライフハックとして推していきたい気持ちがある。ちなみに僕はその観点だと鈴谷アキと竜胆尊が大好きです。またその話書きたい。
 
 

客観

諸事情で美容院を新しいとこに行ったら30.40代向けな雑誌が出てきて、あーそうだよなーって。普段のとこだともうちょい若い人向けなのが出てきてたけど初見だとそうなんだよなって。会社でもギリギリ若いほうだし普段やってることがひたすらVtuber見てたり女児アニメのイラスト描いてたりゲームのCG作ってたりで気持ち的には若くなってしまうけど、単なる見た目だと年相応に見られてなんというかまぁというか。twitterとか見てると自分より遥かに若い人がすごいの色々作ってるから自分ももう年取った側だなって自覚はあるんだけどそれが間違いないと証明されるのも少し寂しいというか真面目に考えだすと辛いやつ。

ただ2018そういうの気にしないようにして、イラストも描いてみたいと思ってたの描き始めたり、推しのVを応援したりとか好きなことを楽しむようにしたらここしばらくなかった楽しい一年だった。なのでこんな感じで生きていくのは良いと思うんだけど、圧倒的なスキルでねじ伏せるとかしないと客観的な理解は得られないし年取れば取るだけギャップ生まれて難しそうだなぁって感じがするけどはたして。もうちょい普通に勉強しないとなとかは思う。

今年買ってよかったもの

鼻うがいキット

ニールメッド サイナスリンスキット 鼻洗浄、鼻うがい製品 ボトル+60包
NeilMed Pharmaceuticals 株式会社
売り上げランキング: 8,290
 

ゲーミングチェア  

 

noblechairs EPIC ゲーミングチェア【 ブラック 】 日本正規代理店品 安定感のある座り心地 ドイツ「Caseking」が手がけるチェアブランド ノーブルチェアーズ エピック NBL-PU-BLA-003
 

ぶら下がり健康器

WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器 懸垂マシン 背筋運動 30W 筋肉伸ばし (白)
 
自分の買ってよかったの基準、毎日使って何かしら向上するものっぽい。去年はワイヤレスヘッドホンだったけど未だに使い続けていて満足度高い。あと今年アイカツ武道館良すぎて過去のライブBD6枚くらい買った。最高だけどディスク入れ替えたりするの面倒なので映像系も色々お手軽な感じになってほしい。

 

訪問者が苦手

いきなり家に訪ねてくる人がとにかく苦手である。訪問販売やら、契約やら、ただのインタビューやら、なんか色々あるっぽいけどとにかく家には来ないでくれって気持ちになってしまう。これ、上手く処理できる人がどういうメンタルなのかとかコミュニケーションやってるかとかすごい気になる。通信業者みたいに事前にアポとって何分かかりますと言ってくれたらまだましなのかもしれないがどうなんだろう。

これやられるたびにどっと疲れて精神変になって余計なことを考えてしまう。今回は独身で歳を重ねてしまうと、身を守るためにマウントを取りに行くか、徹底的に遠ざけるかの極端な選択肢を取りがちになってしまうのではとか考えてた。穏やかにいきたい。

69%

弊部門、ホワイトなんだけど今年退職者が大量に出てしまっていて、多分この記事のようなことでみんな軌道修正していってるんだなーという感じになっている。自分も色々活動したけど、元々強く何かやりたかったことがあったかというと微妙でふわふわ今のところに流れ着いてるので決め手もなく結局ぼんやりと今の所で働いてる。

スタバの本か何かに、『「好きなこと」 「得意なこと」 「人のためになること」の重なる部分を見つけるために考え続けましょう』みたいなことを書いてたのを思い出した。最近その手のこと思考放棄してたので考えないとダメだなーって感じだし、そもそも都合よくスパッとその3つにハマることも滅多にないだろうしで、どれか擦り寄せて69%のトップにはなれなかったけどクリエイターとして上手く満足して生きていきたいと思う。

ぶら下がり健康器は最高

WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 懸垂マシン 背筋運動 30W 筋肉伸ばし (白)

f:id:mitsuya0:20181012234454p:plain

  • 眠気覚まし
  • 毎日回数が増えていって達成感がある
  • 肩こり予防…な気がする
  • 元がひょろいから筋肉ついてくるの割とわかりやすい
  • 普通会社にこんなもの置いてないから会話の話題になる
  • 周りの人も懸垂始めて「無理無理」って会話の話題になる

などなど。上の3個くらいは当初から考えてたけど、会話のネタになるのは想定してなかった。あと職場オシャレでも何でもないから板金の作業机やらロッカーやらある中に妙に馴染んでよい。福利厚生いい会社だとジム併設とかあるんだろうけど、机から10歩では行けないだろうし、この方がいいのではないかという気がしている。

音楽系Vtuber

マジメに掘ってるかというとそうでもないけど音楽系のVtuber最近見始めた。 

 

バーチャルねこメチャクチャ好き。チルアウト最高。

 

KMNZキャラデが好き。自分のイラストの好みが「フーディーとシンプルなロゴが似合うかっこいい感じの可愛い女の子」と言語化が完了した。できているのか。LITAの方の選曲が元カノが好きだった曲と近かったりするのが色々アレ。あと自分HALCALI好きだったの思い出した。

 

ちなみに音楽系Vtuberを見始めたきっかけがこの配信。

インターネットで音楽を探す感じに何か覚えがある…と思ったけど、昔一時期ニコ動で歌い手さんをひたすら巡ってたときに近い気がする。そのころも歌い手を紹介するまとめ動画みたいなのがあったっけか…。当時は生配信はなかった気がするので、今の方がいい時代になったのかあまり変わらないのかよくわからない。音楽のきっかけ、Spotifyで新しい音楽…という風にならないのが色々難を抱えている気がする。